大阪大学院医療系研究科 医療経済・経営学寄附講座

Mail Magazine

メルマガ『医療と経済』
No.42 【最新号】
2019/7/24

近々梅雨明けしそうですが果たしてどうなりますか。過去1カ月程度を視野に医療経済・経営関係の情報をまとめたメルマガをお届けします。


政策情報

●厚生労働省
・「平成30年版厚生労働白書-障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に-」(7月9日)
本文 https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/18/
概要版 https://www.mhlw.go.jp/content/000524475.pdf
資料編 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/18-2/

・「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会(地域共生社会推進検討会)」の中間とりまとめ(7月19日)
来年を目途に行う包括的な支援体制の全国的な整備のための方策について検討。断らない相談支援を中核により具体的な検討を行い年内目途に最終とりまとめ予定。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000213332_00015.html

・「平成30年度 医療機関におけるUDI利活用推進事業 報告書」(6月28日)
医療現場におけるバーコードを利用した安全対策の実態を調べた初めての調査。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05388.html

・「保健医療分野AI開発加速コンソーシアム 議論の整理と今後の方向性」(6月24日)
保健医療分野におけるAI開発および利活用促進に向けて取り組むべき事項を整理。
https://www.mhlw.go.jp/content/10600000/000523986.pdf

●経済産業省
・「平成30年度国際ヘルスケア拠点構築促進事業」報告書(7月2日)
新興国市場での日本の医療に関する技術・サービスの発信を通じてヘルスケア産業の競争力強化を図る事業の取りまとめ。
国際展開体制整備推進事業 http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H30FY/000202.pdf
介護国際展開推進事業 http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H30FY/000203.pdf
医療国際展開推進事業 https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H30FY/000204.pdf

●日本学術会議
・提言「ゲノム医療・精密医療の多層的・統合的な推進」(7月2日) ゲノム医療・精密医療の現状および問題点とそれを踏まえた提言。
http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/kohyo-24-t278-1-abstract.html

統計情報

●厚生労働省
・「平成30年社会医療診療行為別統計の概況」(6月27日)
毎年6月審査分のレセプトをもとに、医療行為や傷病の状況を調査した統計。医科入院の1日当たり点数は3,490.4点(前年比2.7%増)。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/sinryo/tyosa18/

・「平成30年国民生活基礎調査」(7月2日)
75-79歳女性の4分の1超、80歳以上女性の3割超が「単独世帯」で生活。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa18/index.html

●OECD
・Health Statistics 2019 (7月2日)
・Health Expenditure (7月2日)
http://www.oecd.org/health/health-expenditure.htm

●健康保険組合連合会
・「平成29年度 生活習慣関連10疾患の動向に関する調査」(7月19日)
https://www.kenporen.com/toukei_data/pdf/chosa_r01_06_01.pdf

●公益財団法人・日本医療機能評価機構
・『医療事故情報収集等事業(2018年)年報』(7月13日)
http://www.med-safe.jp/pdf/year_report_2018.pdf

アカデミック情報

●世界銀行
・「High-Performance Health Financing for Universal Health Coverage (Vol.2) :Driving Sustainable, Inclusive Growth in the 21st Century」(6月27日)
途上国では保健医療サービスに年間総額5,000億ドル(一人当たり80ドル超)の自己負担が強いられていると指摘。
https://www.worldbank.org/en/topic/universalhealthcoverage/publication/high-performance-health-financing-for-universal-health-coverage-driving-sustainable-inclusive-growth-in-the-21st-century

●日本公衆衛生学会
・「日本公衆衛生雑誌」第66巻第6号
井本知江・山田和子・森岡郁晴「保険者別特定健診受診の有無と健康増進ライフスタイル、ヘルスリテラシー、ソーシャル・キャピタルとの関連」ほか論文3本を所収。
https://www.jsph.jp/journal/latestJournal/index.html

●内閣府経済社会総合研究所(ESRI)
・野口良平・市川恭子・藤森裕美・岡崎康平・小池健太・石橋尚人「諸外国における医療
・介護の質の変化を反映した価格・実質アウトプットの把握手法~各国ヒアリングの結果~」ESRI Research Note No.48 (6月27日)
医療・介護のSNA統計の推計について、国際機関、G7等諸外国にヒアリングしたところ、SNA本体で明示的質調整を行っている国はなく、また価格の決定方法は様々である。
http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_rnote/e_rnote050/e_rnote048.pdf

●国立社会保障・人口問題研究所
・「社会保障研究」第4巻第1号 (6月25日)
特集「離死別と社会保障」や下記論文など計18本の論文を収載。
長谷川良二・安岡匡也「介護保険制度がもたらす地域間格差是正の可能性について」
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh19040110.pdf

小野俊樹「肝がん・重度肝硬変に対する公費負担医療の創設に関する研究」
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh19040112.pdf

全体
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sha12.pdf

・「人口問題研究」第75巻第2号 (6月25日)
特集:第22回厚生政策セミナー「長寿化に関する国際シンポジウム―二大長寿国日本とフランスの比較―」等が掲載。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/jinko/309.html

●日本医師会総合政策研究機構
・前田由美子「公立・公的医療機関等の現状と課題」『日医総研ワーキングペーパー』No.432.(7月19日)
http://www.jmari.med.or.jp/research/research/wr_679.html

・前田由美子「製薬企業等の 2018 年度決算概要と薬剤料比率」『日医総研ワーキングペーパー』No.73.(7月19日)
http://www.jmari.med.or.jp/research/research/wr_680.html

●ニッセイ基礎研究所
・三原岳「介護保険制度が直面する「2つの不足」」(7月5日、16日)
2021年度介護保険制度改正に向け、認知症施策推進大綱や骨太方針2019を基に論点整理。
(上)3年に一度の見直し論議が本格化へ
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=61975?site=nli

(下)「通い」の場や住民主体の地域づくりを巡る論点と課題
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62044?site=nli

・三原岳「平成期の社会保障改革を振り返る-少子高齢化と財政悪化が進んだ30年間の変
平成の30年間を振り返り、人口動態、GDPの伸びを上回って増加する社会保障費、財源、制度改正の経緯などを整理。
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62020?site=nli

・村松容子「健康寿命の都道府県格差」(7月11日)
都道府県別に男女それぞれの平均寿命と健康寿命の関係について整理。健康寿命は全体として延伸しており、都道府県格差は縮小傾向にある。
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62032?site=nli

●秋田経済研究所
・岩崎彰「秋田の医師不足について」『あきた経済』2019年7月号,pp.13-18.(7月11日)
http://www.akitakeizai.or.jp/journal/data/20190701_topics.pdf

催し物

●当講座大阪研究会
日  時:7月25日(木)18時30分〜20時30分
場  所:大阪大学中之島センター4F405教室
   
内  容:「歯科技工士における現状と職域拡大に向けた試み」
   中川正丈先生(新大阪歯科技工士専門学校学科長)

申  込:ご出席希望の方は、7/25(木)正午までに(講座秘書 内藤:naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp)「大阪研究会第23回」という件名で、氏名及び所属をご連絡下さい。



●当講座東京研究会
日  時:8月24日(土)15時00分〜17時00分
場  所:大阪大学東京ブランチ 9階打合せ室
   
内  容:「医療の質の改善を計測する試みについて」
   杉原茂先生(日本大学経済学部教授)

申  込:ご出席希望の方は、(講座秘書 内藤:naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp)宛にメールにて、氏名(ふりがな)及び所属をご連絡下さい。



最後までお読みいただき有難うございます。ご意見ご感想をおまちしています。
また、過去のメルマガはこちらにおいてあります。http://ohem.jp/mailmag/

(編集後記)情報収集にご協力頂きました入江啓彰氏、鈴木善充氏に感謝いたします。

編集発行:大阪大学大学院医学系研究科 医療経済・経営学寄附講座
(HP:http://ohem.jp/)
連絡先: 講座秘書 内藤: naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp

アーカイブ

2019/06/25 メルマガ『医療と経済』No.41
2019/05/20 メルマガ『医療と経済』No.40
2019/04/23 メルマガ『医療と経済』No.39
2019/03/25 メルマガ『医療と経済』No.38
2019/02/18 メルマガ『医療と経済』No.37
2019/01/21 メルマガ『医療と経済』No.36
2018/12/17 メルマガ『医療と経済』No.35
2018/11/26 メルマガ『医療と経済』No.34
2018/10/29 メルマガ『医療と経済』No.33
2018/09/25 メルマガ『医療と経済』No.32
2018/08/21 メルマガ『医療と経済』No.31
2018/07/25 メルマガ『医療と経済』No.30
2018/06/29 メルマガ『医療と経済』No.29
2018/05/30 メルマガ『医療と経済』No.28
2018/03/09 メルマガ『医療と経済』No.26
2018/02/05 メルマガ『医療と経済』No.25
2018/01/09 メルマガ『医療と経済』No.24
2017/12/04 メルマガ『医療と経済』No.23
2017/11/06 メルマガ『医療と経済』No.22
2017/10/10 メルマガ『医療と経済』No.21
2017/09/05 メルマガ『医療と経済』No.20
2017/08/07 メルマガ『医療と経済』No.19
2017/07/03 メルマガ『医療と経済』No.18
2017/06/06 メルマガ『医療と経済』No.17
2017/05/08 メルマガ『医療と経済』No.16
2017/04/03 メルマガ『医療と経済』No.15
2017/03/13 メルマガ『医療と経済』No.14
2017/02/07 メルマガ『医療と経済』No.13
2017/01/10 メルマガ『医療と経済』No.12
2016/12/05 メルマガ『医療と経済』No.11
2016/11/07 メルマガ『医療と経済』No.10
2016/10/12 メルマガ『医療と経済』No.9
2016/09/12 メルマガ『医療と経済』No.8
2016/08/08 メルマガ『医療と経済』No.7
2016/07/04 メルマガ『医療と経済』No.6
2016/06/06 メルマガ『医療と経済』No.5
2016/05/30 メルマガ『医療と経済』No.4
2016/05/16 メルマガ『医療と経済』No.3
2016/04/22 メルマガ『医療と経済』No.2
2016/04/11 メルマガ『医療と経済』No.1【創刊号】