大阪大学院医療系研究科 医療経済・経営学寄附講座

Mail Magazine

メルマガ『医療と経済』
No.45 【最新号】
2019/10/29

大雨続きで、被害を受けた方にお見舞い申し上げます。過去1カ月程度を視野に医療経済 ・経営関係の情報をまとめたメルマガをお届けします。


政策情報

●内閣府
・経済財政諮問会議(第9回)(10月28日)
「経済再生・財政健全化の一体的な推進強化」と題して、医療介護を中心に議論。
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2019r/1028/agenda.html

●財務省
・財政制度等審議会財政制度分科会(10月9日)
社会保障に関する初回の議論(総論、年金、介護、子ども・子育て)
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20191009.html

●厚生労働省
・医師の働き方改革を進めるためのタスク・シフト/シェアの推進に関する検討会第1回(10月23日)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07378.html

・看護基礎教育検討会報告書(10月21日)
将来を担う看護職員に求められる能力をもとに免許取得前までに到達すべき到達目標を明らかにし、保健師助産師看護師学校養成所指定規則及び看護師等養成所の運営に関する指導ガイドラインの改正案を提言。
https://www.mhlw.go.jp/content/10805000/000557405.pdf

・過労死等防止対策白書(10月1日)
長時間労働の実態があると指摘される建設業、メディア業界に関する労災認定事案の分析など、企業における過労死等防止対策の推進に参考となる調査研究結果を報告。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07039.html

・「医療等情報の連結推進に向けた被保険者番号活用の仕組みに関する検討会 報告書」
(10月2日) 個人単位化された被保険者番号の履歴を活用した医療等情報の連結 について、2021年度の運用開始を目指し、その基本スキームや、 活用主体、管理・運営主体等を具体化するための検討を実施。
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000293890_00007.html

・地域医療構想に関するワーキンググループ第24回(9月26日)
公立・公的医療機関等の診療実績データの分析結果などの資料を公表
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06944.html

(関連)
・医政局「地域医療構想の実現に向けて」(9月27日)
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000552445.pdf

   ・済生会中央病院「厚労省の地域医療構想に関する病院名公表に対する当院の見解」(10月11日)
https://www.saichu.jp/news/7441/

・厚生労働省関係の主な制度変更(令和元年10月)について(9月26日)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000198659_00005.html

●経済産業省
・「2040年における未来の医療・福祉・介護分野の在り方とロードマップ策定等に関する調査報告書」
医療・福祉・介護分野を中心に、2040年の将来像を検討し、実現に向けた施策の検討をまとめた報告書。
https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H30FY/000423.pdf

統計情報

●内閣府
・「がん対策・たばこ対策に関する世論調査」 (9月27日)
たばこに関する世論調査は初めて。周囲のたばこの煙を「不快」と答えた人は78.4%に上り、また、がん治療と仕事の両立が可能だと思わない人は6割弱だった。
https://survey.gov-online.go.jp/r01/r01-gantaisaku/index.html

・「薬が効かない(薬剤耐性)感染症に関する世論調査」(10月11日)
抗生物質の理解度、服薬に関する意識、薬剤耐性の理解度等に関する調査。勝手に服用をやめてしまうなど、医師等の指示に従わないことがあるという回答は13%。
https://survey.gov-online.go.jp/tokubetu/r01/r01-yakuzai.pdf

  ●厚生労働省
・「平成30(2018)年医療施設(動態)調査・病院報告」 (9月25日)
2018年10月に活動中の医療施設は179,090施設で、前年に比べ598施設増加した。この増加の内訳は、一般診療所は634施設、歯科診療所は4施設増加したのに対し、病院は40施設減少した。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/18/

・「平成29年度 国民医療費の概況」 (9月26日)
2017年度の国民医療費は43.07兆円、対前年度比2.2%の増加。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/17/index.html

・「平成30年度 医療費の動向」 (9月26日)
レセプトに基づく医療保険・公費負担医療分の医療費の概算集計でみると、2018年度の医療費は42.6兆円、前年度比0.8%の増加。
https://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/18/index.html

・「調剤医療費(電算処理分)の動向~平成30年度版~」 (9月26日)
電算処理分に限った調剤医療費の総額は7.43兆円、対前年度比3.1%減。後発医薬品調剤率は73.0%(年度平均)、対前年度比+3.4%ポイント。
https://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/18/gaiyou.html

アカデミック情報

●OECD
・"Tackling Obesity Would Boost Economic and Social Well-being" (10月10日)
肥満と経済・厚生に関する報告書。OECD諸国では今後30年間に、肥満関連疾患によって9000万人以上の命が奪われ、平均寿命は3年近く短くなる。また生産性低下からGDPを3.3%減少させ、一人当たり年360ドルの負担となる。
http://www.oecd.org/health/tackling-obesity-would-boost-economic-and-social-well-being.htm

●国立がん研究センター
・「がん診療連携拠点病院等院内がん登録2016-2017年小児・AYA集計報告書」(10月18日)
がん専門施設における2016~17年の院内がん登録のデータを用いて小児・若年成人(AYA)世代を分析。25~39歳では「子宮頸がん、乳がん」の女性患者が、圧倒的多数を占める。
https://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/brochure/2016_2017_icccaya.pdf

●国立社会保障・人口問題研究所
・『社会保障研究』第4巻第2号
特集「社会保障政策の評価手段としての国民移転勘定(NTA)」の論文4本等を掲載。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/kikanshi/0402.htm

●健康保険組合連合会
・『健保連海外医療保障』No.123 (10月15日)
診断群分類を活用した入院包括払いに関し、ドイツ・フランス・アメリカの事例を解説。
https://www.kenporen.com/include/outline/pdf_kaigai_iryo/201909_no123.pdf

●医療科学研究所
・『医療と社会』Vol.29, No.2 (10月9日)
大須賀穣・秋山紗弥子・村田達教・木戸口結子「日本における予定外妊娠の医療経済的評価」等を所収。
http://www.iken.org/publication/its/past/2019.html

●ニッセイ基礎研究所
・篠原拓也「医師の分布構造-今後増加する高齢の医師には、どういう医療を担ってもらうか?」 (10月15日)
日本の医師の年齢、性別、診療科別等の分布に関する考察。
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=62736?site=nli

催し物

●当講座大阪研究会
日  時:11月28日(木)18時30分~20時30分
場  所:大阪大学中之島センター4F405教室
   
内  容:「最近の医療政策の動向」
   二川一男先生(元厚生労働省事務次官)

申  込:ご出席希望の方は、11/28(木)正午までに(講座秘書 内藤:naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp)「大阪研究会第25回」という件名で、氏名及び所属をご連絡下さい。



●当講座東京研究会
日  時:12月21日(土)15時~17時
場  所:日本大学経済学部7号館5階7 501号室
   
内  容:「(未定)」
    木村真先生(兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科教授)

申  込:ご出席を希望される方は、上記同様内藤(naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp)メールにて、御氏名及び御所属を御連絡下さい。



最後までお読みいただき有難うございます。ご意見ご感想をおまちしています。
また、過去のメルマガはこちらにおいてあります。http://ohem.jp/mailmag/

(編集後記)情報収集にご協力頂きました入江啓彰氏、鈴木善充氏に感謝いたします。

編集発行:大阪大学大学院医学系研究科 医療経済・経営学寄附講座
(HP:http://ohem.jp/)
連絡先: 講座秘書 内藤: naito@sahs.med.osaka-u.ac.jp

アーカイブ

2019/09/24 メルマガ『医療と経済』No.44
2019/08/26 メルマガ『医療と経済』No.43
2019/07/24 メルマガ『医療と経済』No.42
2019/06/25 メルマガ『医療と経済』No.41
2019/05/20 メルマガ『医療と経済』No.40
2019/04/23 メルマガ『医療と経済』No.39
2019/03/25 メルマガ『医療と経済』No.38
2019/02/18 メルマガ『医療と経済』No.37
2019/01/21 メルマガ『医療と経済』No.36
2018/12/17 メルマガ『医療と経済』No.35
2018/11/26 メルマガ『医療と経済』No.34
2018/10/29 メルマガ『医療と経済』No.33
2018/09/25 メルマガ『医療と経済』No.32
2018/08/21 メルマガ『医療と経済』No.31
2018/07/25 メルマガ『医療と経済』No.30
2018/06/29 メルマガ『医療と経済』No.29
2018/05/30 メルマガ『医療と経済』No.28
2018/03/09 メルマガ『医療と経済』No.26
2018/02/05 メルマガ『医療と経済』No.25
2018/01/09 メルマガ『医療と経済』No.24
2017/12/04 メルマガ『医療と経済』No.23
2017/11/06 メルマガ『医療と経済』No.22
2017/10/10 メルマガ『医療と経済』No.21
2017/09/05 メルマガ『医療と経済』No.20
2017/08/07 メルマガ『医療と経済』No.19
2017/07/03 メルマガ『医療と経済』No.18
2017/06/06 メルマガ『医療と経済』No.17
2017/05/08 メルマガ『医療と経済』No.16
2017/04/03 メルマガ『医療と経済』No.15
2017/03/13 メルマガ『医療と経済』No.14
2017/02/07 メルマガ『医療と経済』No.13
2017/01/10 メルマガ『医療と経済』No.12
2016/12/05 メルマガ『医療と経済』No.11
2016/11/07 メルマガ『医療と経済』No.10
2016/10/12 メルマガ『医療と経済』No.9
2016/09/12 メルマガ『医療と経済』No.8
2016/08/08 メルマガ『医療と経済』No.7
2016/07/04 メルマガ『医療と経済』No.6
2016/06/06 メルマガ『医療と経済』No.5
2016/05/30 メルマガ『医療と経済』No.4
2016/05/16 メルマガ『医療と経済』No.3
2016/04/22 メルマガ『医療と経済』No.2
2016/04/11 メルマガ『医療と経済』No.1【創刊号】