大阪大学院医療系研究科 医療経済・経営学寄附講座

Mail Magazine

メルマガ『医療と経済』
No.36 【最新号】
2019/1/21

大寒となりました。お体をご自愛ください。過去1カ月程度を視野に医療経済・経営関係の情報をまとめたメルマガをお届けします。


政策情報

●内閣府
・平成30年第17回経済財政諮問会議(12月20日)
新経済・財政再生計画改革工程表2018、消費税率引上げに伴う対応などを議論。
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2018/1220/agenda.html

●財務省
・2019年度予算案(12月21日閣議決定)
一般会計歳出は101兆4564億円と初めて100兆円超となり、社会保障費の自然増や消費増税対策で増加。うち社会保障関係費は31兆5930億円(2.9%増)。
https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2019/seifuan31/01.pdf

・2019年度税制改正の大綱(12月21日閣議決定)
医療・介護に関連する事項としては、医療機器に係る特別償却の拡充・見直し、社会医療法人等の認定要件見直し、国民健康保険法改正関連、国民健康保険税の課税限度額および低所得者の軽減判定所得の見直し、介護医療院創設に伴う措置など。
https://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/index.html

●厚生労働省
・2019年度予算・税制改正関係資料
予算概要: https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/19syokanyosan/dl/01-01.pdf
予算主要事項: https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/19syokanyosan/dl/01-02.pdf
税制改正: https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000462285.pdf

・「医療機関等における消費税負担に関する分科会」における議論の整理(1月16日)
中央社会保険医療協議会において、来年度診療報酬改訂に向けて消費税率引上げ対応等について意見を募集(23日まで)。
https://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p20190116-01.html

・医師の働き方改革に関する検討会「とりまとめ骨子」(1月11日)
今年度末の検討期限に向け、これまでの議論の状況を中間的に取りまとめ。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03228.html

・「妊婦加算の取扱いについて」(12月28日)
2018年度診療報酬改定において新設された妊婦加算を2019年1月1日から凍結。今後有識者会議において妊婦をめぐる診療のあり方を議論し、2020年度の診療報酬改定で再検討。
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000465476.pdf

・「国立高度専門医療研究センターの今後の在り方検討会報告書」(12月26日)
健康に重大な影響のある特定疾患等に係る医療に関する調査・研究、技術開発及び医療の提供を担う国立高度専門医療研究センター(National Center)の役割や課題等に関する検討の取りまとめ。
https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000464917.pdf

統計情報

●厚生労働省
・「平成 29 年(2017)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」(12月27日)
2017年の全国の病院数は8,412施設(前年比30減)、病床数は1,554,879床(同6,126床減)、病床利用率は80.4%(同0.3%ポイント増)、平均在院日数は28.2日(同0.3日減)だった。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/17/dl/09gaikyo29.pdf

・「平成30年(2018)人口動態統計の年間推計」(12月21日)
2018年の新生児は921千人と3年連続で100万人を下回る一方、死亡数は戦後最多の1369千人で、「自然減」は448千人と過去最大の減少幅となる見通し。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei18/index.html

●文部科学省
・「学校保健統計調査 平成30年度(速報値)」(12月21日)
学校の幼児・児童・生徒の発育・健康状態の調査。身長・体重はほぼ横ばい、虫歯は減少しているが、裸眼視力1.0未満の者やアトピー性皮膚炎を発症者の割合は増加。
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa05/hoken/kekka/k_detail/1411711.htm

アカデミック情報

●国立社会保障・人口問題研究所
・『社会保障研究』第3巻第3号(12月25日)
特集「社会保障における個人情報」の論文3篇や「機械学習による都道府県別医療費の分析」、「平成28年度社会保障費用統計—概要と解説—」等を掲載。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/sakuin/kikanshi/0303.htm

●国立がん研究センター
・「患者が受けた医療に関する遺族の方々への調査」(12月26日)
がん患者の遺族を対象に、患者の死亡前に利用した医療・療養生活の実態をまとめた予備調査の結果報告書。がん患者の人生最終段階における全国的な遺族調査は我が国初。
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/1226/index.html (概要)
https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/sup/project/090/result/H29cyousakekka_houkokusyo.pdf (報告書)

●経済産業研究所
・小黒一正「日本経済の将来を左右する「社会保障改革」−自動調整メカニズム導入で脱政治化の議論深めよ−」(12月26日)
後期高齢者医療制度の診療報酬への自動調整メカニズムの導入を提案。
https://www.rieti.go.jp/jp/columns/s19_0003.html

●日本医師会総合政策研究機構
・前田由美子「基準病床数と病床数の必要量等の関係について」日医総研リサーチエッセイNo.67 (12月27日)
地域医療構想における病床数の必要量と基準病床数の関係を整理・分析した結果、新設または増床が可能と考えられるのは335医療圏中13医療圏にとどまると指摘。
http://www.jmari.med.or.jp/download/RE067.pdf

・前田由美子「医療保険財政の現状と課題について」日医総研ワーキングペーパーNo.420 (12月25日)
医療保険制度の維持に向け、個人単位の「医療費財源明細通知」を発行、高額療養費の上限の所得比例化等の改革案を提言。
http://www.jmari.med.or.jp/download/WP420.pdf

●東京都病院経営本部
・「都立・公社病院診療データバンク構想の試行結果と今後の方向性について」(12月25日)
都立駒込病院における試行を通じて、都立病院・東京都保健医療公社病院の診療データを連結したデータバンクの利活用事業の方向性について取りまとめ。
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/houdou/houdou/documents/301225_houkokusyo.pdf

●健康保険組合連合会
・「平成28年度業態別にみた加入者の健康状態に関する調査分析」(1月16日)
「都道府県別データ集(特定健診・後発医薬品編)」(1月16日)
特定健診・特定保健指導データ及びレセプトデータによる416組合の加入者の生活習慣や健康状態、服薬の状況に関する調査結果。
業態別 https://www.kenporen.com/study/toukei_data/pdf/chosa_h30_12-2.pdf
都道府県別 https://www.kenporen.com/study/toukei_data/pdf/chosa_h30_12.pdf

  ・「健保連海外医療保障」No.120 (1月9日)
主治医機能について、ドイツ・フランス・オランダの事例を紹介。
https://www.kenporen.com/include/outline/pdf_kaigai_iryo/201812_no120.pdf

  ●日本経済研究センター
・長期経済予測「技術革新と長寿化を生かす未来」中間報告(2018〜2060年)(12月20日)
「技術革新と長寿化を生かす未来」をテーマとする2060年長期経済予測の第一弾として、寿命・健康の未来図と、より長く働ける雇用のあり方について考察。
https://www.jcer.or.jp/economic-forecast/20181220-8.html

●帝国データバンク
・医療機関の倒産動向調査(2018年)(1月9日)
2018年の医療機関(病院・診療所・歯科医院)の倒産は40件(前年比で15 件増)。歯科医院の倒産が23件で2000年以降最多となり、倒産件数増加の最大要因となった。
http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p190102.pdf

●みずほ情報総研
・仁科幸一「わが国の一般病床数の推移とその背景」(12月20日)
病床数について1955年以降の長期的な動向を振り返り、その背景について検討。
https://www.mizuho-ir.co.jp/publication/report/2018/pdf/mhir16_bed.pdf

●ニッセイ基礎研
・三原岳「2019年度の社会保障予算を分析する−費用抑制は「薬価頼み」「帳尻合わせ」が継続」(1月9日)
2019年度予算案の医療・介護分野を中心に社会保障関係予算の内容を分析。
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=60529?site=nli

・三原岳「平成期の社会保障改革を振り返る−少子高齢化と財政悪化が進んだ30年間の変化を追う」(12月25日)
平成期30年間の人口動態や社会保障費の変遷、社会保障制度改正を考察。
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=60418?site=nli

催し物

●当講座東京研究会
日  時:2月23日(土)15時00分〜17時00分
場  所:大阪大学東京ブランチ「912会議室」
   〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53

内  容:「大阪府高齢者施策の現状と課題」
   黒田啓太先生(大阪府高齢介護室介護支援課長)

申  込:ご出席希望の方は、(講座秘書 高塚:norikotakatsuka@sahs.med.osaka-u.ac.jp)宛にメールにて、氏名(ふりがな)及び所属をご連絡下さい。



最後までお読みいただき有難うございます。ご意見ご感想をおまちしています。
また、過去のメルマガはこちらにおいてあります。http://ohem.jp/mailmag/

(編集後記)情報収集にご協力頂きました入江啓彰氏、鈴木善充氏に感謝いたします。

編集発行:大阪大学大学院医学系研究科 医療経済・経営学寄附講座
(HP:http://ohem.jp/)
連絡先: 講座秘書 高塚: norikotakatsuka@sahs.med.osaka-u.ac.jp

アーカイブ

2018/12/17 メルマガ『医療と経済』No.35
2018/11/26 メルマガ『医療と経済』No.34
2018/10/29 メルマガ『医療と経済』No.33
2018/09/25 メルマガ『医療と経済』No.32
2018/08/21 メルマガ『医療と経済』No.31
2018/07/25 メルマガ『医療と経済』No.30
2018/06/29 メルマガ『医療と経済』No.29
2018/05/30 メルマガ『医療と経済』No.28
2018/03/09 メルマガ『医療と経済』No.26
2018/02/05 メルマガ『医療と経済』No.25
2018/01/09 メルマガ『医療と経済』No.24
2017/12/04 メルマガ『医療と経済』No.23
2017/11/06 メルマガ『医療と経済』No.22
2017/10/10 メルマガ『医療と経済』No.21
2017/09/05 メルマガ『医療と経済』No.20
2017/08/07 メルマガ『医療と経済』No.19
2017/07/03 メルマガ『医療と経済』No.18
2017/06/06 メルマガ『医療と経済』No.17
2017/05/08 メルマガ『医療と経済』No.16
2017/04/03 メルマガ『医療と経済』No.15
2017/03/13 メルマガ『医療と経済』No.14
2017/02/07 メルマガ『医療と経済』No.13
2017/01/10 メルマガ『医療と経済』No.12
2016/12/05 メルマガ『医療と経済』No.11
2016/11/07 メルマガ『医療と経済』No.10
2016/10/12 メルマガ『医療と経済』No.9
2016/09/12 メルマガ『医療と経済』No.8
2016/08/08 メルマガ『医療と経済』No.7
2016/07/04 メルマガ『医療と経済』No.6
2016/06/06 メルマガ『医療と経済』No.5
2016/05/30 メルマガ『医療と経済』No.4
2016/05/16 メルマガ『医療と経済』No.3
2016/04/22 メルマガ『医療と経済』No.2
2016/04/11 メルマガ『医療と経済』No.1【創刊号】